司書講習への道

市の図書館に臨時職員として勤めて8年目の2015年夏。亜細亜大学の司書講習で図書館司書の資格を取ることにチャレンジしました。その経過を書いています。受講中の記事は7月から9月までです。古い日記が下になっています。

2017年度某団体嘱託職員2次試験(面接)

こちらも無事に筆記を通過し2次の面接に行くことが出来ましたので様子をざっと記録します。

 

事前に控室で応募時に提出した紙に書いたこと以外で伝えたい自己PRややりたいことがあれば本番で聞かれるので考えておくようにと言われます。

これはとてもありがたかったです。

5分~10分程度でしたがこの時間で持参したコピーを見つつ言うことを考えました。

 

面接は個人面接(事前通知あり)で、面接官は4人でした。

 

最初に「緊張してますかね、リラックスしてくださいね」

と声をかけてくださり、まず始めに面接官全員が自己紹介をしてくださいました。

 

ここで「全員の名前を覚えないといけないのか?」と一瞬パニックになりかけましたがそんなことはありませんでした(笑)

 

質問は面接官4人それぞれから行われました。

 

「筆記試験の自己採点結果はどのくらいか」

「市と団体に関する問題をどう思ったか」

「(その中で)印象的な問題はあったか」

「事前に提出した応募用紙に書いたこと以外で伝えておきたいやりたいことや自己PR」

「この館でする仕事に対するイメージ」

「今日ここにくるまでのルートと所要時間」

「早番遅番のシフト勤務、土日勤務があるが大丈夫か」

「(用紙に書いた自己PRから)趣味のバンド活動について」

などについて聞かれました。

 

所要時間は15分。

ほぼ時間通りだったと思います。

 

昨年一番最初に受けた自分の市の面接が司書業務や知識について細かく聞かれる面接だったためここまで他自治体の図書館を二つ受けてきた印象は、「オーソドックスな質問だな」ということです。

 

そんなに血眼になって司書の教科書を復習しなくても大丈夫というか。。

(してないけど)

 

ちょっと安心した感があります。

 

しかし前回の面接がまたしても次点となり、自分には何か決定的要素が欠けている気がしてきたので今回の面接は事前にたまたま話をする機会があった既に他市の嘱託に合格している知人二人に話を聞いてから行きました。

 

すると彼女たちは口を揃えて「体力は大事」と。「あと人間関係がうまくできること」と。そして「どこまでも前向きに」と。

ふむふむ。周りの合格している人たちを見ていて「人間関係力」が強いことは分かっていましたが、体力は盲点だった。。。あと「ひたすら前向き」。これも盲点だった。。。

 

ということで今回は伝える内容の方向性を少し修正しました。(偽装ではありません)

 

「元気に」というアドバイスを受けて元気に笑顔で話すようにも心がけました。

 

すると、なんだか予想外に楽しい面接となりました。

 

結果がどう出るのか。楽しみです。

 

ここへ来てだんだん面接が楽しみになってきている自分を発見しました。

数年前までは人生において出来れば二度と面接なんて受けたくないと思っていた自分なのに。びっくりです。

 

この仕事を目指すからには数年おきに面接を受けることになるのはある程度覚悟しておく必要があります。

ほとんどが嘱託採用で数年で雇止めになりますから。

 

しかし逆に考えれば沢山の面接を潜り抜けてきた方のほうがスキルが磨かれるのではないかとも考えるようになりました。

 

面接では毎回やりたいことを述べたり自己PRをしなければいけないのですから、やはりそこでPR出来る材料を作ることには真剣になります。

 

競争社会の方が能力が磨かれるのはどこの世界でも明らかですよね。

(身分が保証された学校の先生より評価制度のある塾講師の授業の方が数倍面白いとか)(身分が保証された学校の先生でもちゃんと面白い授業をされる方はいらっしゃいます)

 

そう考えると数年おきに面接も悪くないと感じるようになりました。

海外では3年おきぐらいに館を変わって能力を磨くのが普通、というのも何かの本で読みましたし。

 

今の公共図書館の嘱託員に一番必要とされているのは知識や発想力、問題解決能力とかではなくコミュニケーション能力、体力、精神力なのだなということがうすうす分かってきてなんだかなあ、という気分はありますが。

(もちろん司書はコミュ力は必須です)

 

しかしまだどこの嘱託にもなれていない状態でなんだかんだ言っていても仕方ないので

引き続き頑張りたいと思います。