司書講習への道

市の図書館に臨時職員として勤めて8年目の2015年夏。亜細亜大学の司書講習で図書館司書の資格を取ることにチャレンジしました。その経過を書いています。受講中の記事は7月から9月までです。古い日記が下になっています。

司書の採用試験を受けた後の対応について

いったんおしまいにしたはずでしたが一つだけ追加で書きます。

 

実は採用試験を受けた後の対応をあまり考えていなかったため今回決断するまでにかなり精神的に消耗したのでそれについて書きたいと思います。

 

本気で司書の採用を目指す場合、幾つかの自治体や図書館を同時に受けることが多いかと思います。

その際、いくら初めてで受かるかどうかわからなくても、試験の日程やそれぞれの結果がいつ出るのかなどをきちんと把握し、自分の動向をある程度考えておくことをおすすめします。

第一希望とは違うところから先に内定が出た場合、そのあとの本命の自治体を受けるのか、辞退するのか、それともいったん受けておいて後から本命から内定が出たら断るのか、といったことです。

今回私はまさかこんな早期にどこかに受かるとは思っていなかったため、こういうことを全く考えずに臨んだ結果まさにこの事態に陥り、決断するまでの間精神的にかなりきつかったからです。

 

嘱託に応募するのが初めてな上、前回も補欠だったのでそう簡単には採用通知を断る決断も出来ず、最初に採用通知をくれた今のところには期限までには「行きます」とお返事しました。そしてその後本命の面接を一応受けましたが、結果はどうあれ今のところに行く気ではいました。それでももし合格していたらどう気持ちが動くかわからず待っている間がかなりきつかったです。

結果的には本命の自治体は補欠だったため今のところに問題なく落ち着きましたが、性格的に「行きます」と返事しておいて後から断るというのは「相手に悪い」と思って出来ないです。でもそれをやるのかやらないのか、など色々人に相談しつつ考えました。

そうしている間が一番きつかったです。

 

「行きます」とお返事した人が後から断ってくる、というのは世間ではまああることみたいなのですが、図書館界ではどうなのか、よくわかりません。

正直印象は悪いと思うのであまりやらない方がいいかな、と思います。

図書館界は狭いので。それに後からまた受けようと思ったときに気まずいと思います。

こういったこともよく考えておいた方がいいです。

 

ここに行くと決めて「行きます」とお返事した途端に気持ちが軽くなったので、決断は早い方がいいと思います。

あと、臨時職員とかバイトから嘱託を受けるのであれば、どこの市に入るかよりもどこでもいいからまずは入って一刻も早く実務経験を積むほうが先だと思います。

そうすればまた本命を受けなおすことも出来ますし、経験ある分前より有利になっているはずです。

せっかく出た内定を蹴って浪人というのだけはもったいないのでやめた方がいいと思います。

私も第一希望ではなかったけれど今のところに入って色々経験を積ませてもらっていてここに決めてよかったと思っています。大体どこの図書館も基本的にやることは同じですからね。。

あと余談ですが、公共図書館とか大学図書館学校図書館専門図書館と色々ありますが館種は絞るか、なぜその館種を志望したのか理由をはっきりさせておいた方がいいと思います。

私は最初から公共図書館を志望しており経験も長かったので面接で特に突っ込まれはしませんでしたが、以前大学図書館で勤務していて公共図書館を受けに来ていた人は集団面接の時に突っ込まれていました。「大学図書館とは仕事がだいぶ違うと思いますが大丈夫ですか?なぜ公共図書館を志望したのですか?」みたいなことです。

よってこのあたりはしっかり考えて対策しておくことをお勧めします。

 

求人を眺めている時あまりに公共図書館の求人がなく、大学図書館も受けてみようかな~と思った時もありましたが、やはり私がやりたいのは公共図書館なのと、週6などという勤務条件がどうしても飲めず応募をやめたりしていました。

結果的には良かったと思います。

対策としても私は公共図書館ばかり見学に行っていたのであまりアピールポイントにもならなかったでしょうし。。。

館種によって対策ポイントも微妙に違ってくると思うので、そこらへんははっきりさせておいたほうがいいかなと思います。

 

私が嘱託に受かったと周りの人にご報告していた時よく言われたのが、「努力は報われるんだな~と思った。」とか「努力が報われましたね。」とかいうことです。

私なりの努力を見ていてくれた人が沢山いるんだなと思うと嬉しかったです。

 

具体的に何をしていたかというと。。。

図書館関係の本も借りて読んだりはしていましたがあまり頭に入らないので、私はよくいろんな図書館を見学に行っていました。

そして気づいたことをメモしたり、今の館に活かせそうなことは改善点として提案したりしていました。

あとは読み聞かせをやりたかったので絵本を借りて読むようにしたり、児童担当の嘱託さんに手遊びを習って一足先に就職した他市の嘱託さんに教えたりしていました。

行動する方が性に合っているのでそうしていた訳ですが、それなりに評価してもらえたのかな、と思います。

あとは新聞を読むことです。

時事問題は一次試験で必ず出るのと面接で聞かれたりもするので必須だと思います。

どういう方法か、よりもやりたいことに向かってそれぞれのやり方で努力してきた、ということが重要なのかな、と思います。

 

あなたなりの努力が実りますように。。。 

 

お役に立てば幸いです。

 

ではでは。