読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

司書講習への道

市の図書館に臨時職員として勤めて8年目の2015年夏。亜細亜大学の司書講習で図書館司書の資格を取ることにチャレンジしました。その経過を書いています。受講中の記事は7月から9月までです。古い日記が下になっています。

その後の経過について3(ワード・エクセル講座受講@東京しごとセンター多摩)

 またまたご無沙汰してしまいました。そろそろ秋っぽくなってきましたねー。皆さまお元気でしょうか。

さて、前回なかなか進まないワードエクセル学習対策として、喘息になったのを機に「エクセルでピークフロー表を自作してみよう!」とここで声高に宣言し、自分にプレッシャーをかけたつもりでしたが案の定まったく効果なく、全然出来ないまま日々が過ぎておりました。やばい!!と焦っていた7月も終わり頃、講習仲間の友人から「突然ですが今日飲み会来ませんかー?」というお誘いが。たまたま予定はなかったので「行くよー」と参加。合流した二人はもう司書として就職しています。そこで新しい職場の様子などを聞きつつ、何気なく「ワードエクセルの勉強が自分では全然できないんだよねー」と話したところ、「東京しごとセンターに行くと無料で講習が受けられるから行くといいよ」との情報が。二人とも通ったことがあり一人はそこで去年司書講習後にパソコン講習を受けたとのこと。この彼はやはりパソコンが苦手でパソコン教室の情報サービス演習のすべてのレポートを手書きでやってのけた強者。しかし3日間の講習後、面接でのエクセル実技の試験を見事パスして、今は立派に学校司書として就職しています。本人曰く、「(講習受けたからといって)出来るようにはなっていない」そうですが、実技試験をパスするくらいはできているということ。十分です。これはもう行くしかない。ということで、8月某日、早速申し込みに行きました。

私は勘違いしていたのですが、「東京しごとセンター」は東京都が主催している就業支援のための施設で、利用年齢制限は特にないとのこと。なんとなく存在は知っていたものの、私はてっきり就職支援でよくある「年齢39歳まで」ってやつかと思っていて、はなから無理かと諦めていたのでした。でも彼らが「大丈夫」という通り、行ってみると、確かに40越えの私でも登録できた!そして、カウンセリングを経て、お目当てのワードエクセル講座に申し込みました。ちなみに私が行ったのは国分寺にある多摩のほう。

この講座は毎月一回しか開催されていなく、8月はもう終わってしまったので次は9月で、しかも7人キャンセル待ちとのこと。でももし受けられなくても、自動的に再来月の待ちに回してくれるので、いつかは受けられるとのこと。それを聞いて「これでいつかは確実に受けられる」とほっとした私。いつまで経っても進まない自力での学習は諦め、気長に待つことにします。

そして8月終わり頃、担当の方から「受けられることになったが受けますか?」という電話が。もちろん「はい、受けます!!」と即答。まさか9月に受けられるとは思っていなかったので嬉しく、張り切ってワードエクセル初級講座に参加したのでした。

講習は平日3日間。10時から17時まで、東京しごとセンター多摩の地下の1教室で行われました。費用はテキスト代2160円のみ。初日に購入します。使用テキストはわかりやすいと評判の、FOM出版「よくわかるWord2010&Excel2010」

基本的に講師の方が説明し、やってみて、最後練習問題をやるという形です。

この講座がとてもよかったです!!!

16人くらいを相手に講師一人、補助一人、で進めていくのですが、最初に、「わからなかったり遅れたらすぐに手をあげてください」と強く言われます。遅れると命取りになるので、躓いたらすぐに解消してください、とのこと。そうそう、学生の頃大学のワードエクセル授業で遅れたまま全くついていけなかった私にはよくわかる、とてもありがたいお言葉です。遠慮なく手をあげました。他の方もあげていました。

パソコン初心者向けに「カーソルの形と意味」「キーボードの意味」などをまとめた講師のオリジナル資料も使いつつ、手取り足取りという感じで教えてくれます。

お昼休憩1時間と、約1時間毎に5分から10分程度の休憩をはさみつつ、3日間通してやった結果。。。

なんとびっくりワードで文章は打てるけど飾り文字や図や表は作れなかった私が、できてました!

また、エクセルは入力ぐらいしかやったことなかった私が、表の作成、計算、グラフの作成、データベースの抽出まで、やっていました!

「できるようになりました!」と胸をはって言えないのはあれ以来別のことで忙しくなり全然復習していないからで、テキストを見ずに出来るかわからないからです。

しかし、どうやるか、は分かったので、あとは復習次第でできるようになると思います。これはすごい進歩!!!市のパソコン講座は抽選に外れているうちに年齢制限をオーバーし、一般のパソコン教室は高く、自習はやる気が出なくて何年も足踏みしていた私には、大きな一歩です。本当に行ってよかったです。東京しごとセンターと教えてくれた友人に感謝。

他にも基本的な入力の仕方で教わってすごく役立ったことがあります。

よく家でこうやってブログや書類などを打っていて、知らぬ間に「上書きモード」になってしまい直し方がわからないことがありました。

これも今回教わりました。Wordだと左下のバーに表示があるのでそこをクリックして「上書きモード」から「挿入モード」に直すそうです。

というか普段が「挿入モード」で書いていて、書いたのが下のを消して上書きされていっちゃうのが「上書きモード」だってことも素人は分からないんですよね。

先生は「それで全部打ち直した人知ってます。」と言っていましたが私も何度もやったことあります。締め切りのある応募作文とかレポートだと本当にイライラしますよね。

そしてたった今もなりましたが、「挿入モード」「上書きモード」という用語を覚えたことで、今度は自分でググって直すことが出来ました。

私のはノートパソコンで右上Delキーの左にInsキーがありました。ここを押すと切り替わるそうです。なるほど、インサートキーってそういうことか、と今頃納得です。

あと、例えば複数の行やセルを選択するときに、シフトやコントロールキーを使いますが、それのクリックとキーを押すタイミングとかも、詳しく、わからなければ手取り足取り教えてくれます。これも本当に役に立った。

という具合に、とてもためになる講座だったので、私のようにワードエクセルで足踏みしている方は是非一度参加してみることをお勧めします。

そして肝心の応募については現在他のことで忙しくまだ進んではいないのですが。。。

少しずつワードエクセルの復習をしつつそちらもそろそろ進めていこうと思っています。ということでとうとうワードエクセルの壁を越えつつあるお話でした。

また経過報告します。